業務内容

HOME ≫ 業務内容

不動産の売買や登記、相続、贈与、遺言、住宅ローン、マンション管理など、おおぎ司法書士事務所では「市民のために」をモットーとし、法的サポートでみなさまに貢献します。

業務内容一覧

Contents list

不動産売買サポート

  • 不動産登記
  • 契約書類のチェック
  • 周辺知識のアドバイス

不動産の名義を登録する不動産登記、不動産の各種契約書類の作成や確認、住宅ローンの融資相談など、不動産の売買をサポートいたします。
みなさまの人生でも、最も大きな買い物の一つになると思われる不動産。不利な条件にならないよう、または何らかの被害に遭わないよう、決済に立ち会ったり、手続きの代理やアドバイスを行ったりします。みなさまが不動産を安全に購入、譲渡、承継(相続)できるようお手伝いいたします。

もっと詳しく見る

相続・贈与・遺言相談

  • 不動産の名義変更
  • 遺言書作成支援
  • 相続トラブル相談

遺産相続は、トラブルになりやすい問題です。故人を悼む時間が、親族間の争いとなることも少なくありません。
動産・不動産を問わず、遺産相続に関することなら、おおぎ司法書士事務所にご相談ください。単純承認(通常の相続)ではなく、限定承認や相続放棄を選択したい場合は、相続を知った日から原則三か月以内に手続きが必要です。また、遺族の争いを防ぐため、遺言を作成したい方も、ご要望に沿った遺言書の作成を承ります。

もっと詳しく見る

住宅ローン返済相談

  • 任意売却相談
  • 「民事再生」「破産」などの法的手続き相談

住宅ローンは、主に不動産などを担保とした、個人の借金です。多くの方が、財政状況が改善できずに身動きが取れなくなってから相談に来られます。
住宅ローンの返済猶予を申請できるのは、早めにご相談いただいた方です。ただし、猶予申請もできない切羽詰まった状態であっても、競売や任意売却などのご相談も可能です。被害を拡大しないためにも、返済が苦しくなってきたらできるだけ早い段階でご相談ください。

もっと詳しく見る

マンション管理相談

  • 管理費・修繕積立金の滞納督促
  • 管理規約改定の相談
  • マンショントラブル相談

分譲マンションの場合、マンションごとに管理組合があります。住人はすべて管理組合のもと、管理費や修繕費を積立し、規約に基づいたルールを守ることが契約書によって義務付けられています。当事務所では、管理組合の代理として、滞納している組合員に催促の内容証明を送付するほか、法的な手段に出る場合にもサポートいたします。また、管理規約を改定したい場合や、管理費以外のトラブルが発生した場合のご相談も承っております。

もっと詳しく見る

成年後見に関する業務

  • 財産管理
  • 悪徳商法対策
  • 看護・介護など

成年後見制度とは、判断能力が十分ではない高齢者や、知的障がい者、精神障がい者の方に代わって個人の財産を管理し、詐欺などの被害に遭ったりしないように支援していく制度です。後見人は、被後見人を被害から守るほか、看護や介護施設への入所契約なども代理で行います。成年後見には、裁判所の審判によって決まる法定後見制度と、本人の判断能力があるうちに後見人と契約しておく任意後見制度の二種類があります。

もっと詳しく見る

会社登記に関する業務

  • 会社・法人の新規設立
  • 役員変更・組織再編
  • 株主総会など

会社や法人を設立したら、商号や名称、所在地、目的、代表者の氏名など、法人の重要な情報を法務局の登記簿に記録します。役員の変更や組織の再編によって法人の情報が変更された場合は、登記簿の情報も変更しなければなりません。また、登記だけでなく、組織再編などの事業承継のサポート、株主総会の開催補助、個人事業所や中小企業のアドバイザーなどをお受けすることも可能です。

もっと詳しく見る

民事紛争に関する業務

  • 債務整理・借金トラブル
  • 家賃滞納
  • 民事トラブルなど

法務大臣の認定を受けている「認定司法書士」は、簡易裁判所で行われる訴額140万円以内の支払い督促、和解などの訴訟について、みなさまの代理で手続きすることができます。悪徳商法の契約解除、貸金や敷金の返還請求、不当利得の返還請求などを行います。訴額が140万円を超える場合、代理はできませんが、本人訴訟(代理人を付けず、ご自身で裁判を進める形式)を支援することが可能です。

もっと詳しく見る

  • よくあるご質問はこちらから
  • お問い合わせ・ご相談はこちらから

ページ上部へ